SZ Express により、ニッチなガジェットや電子部品を、プロのトレーダー価格で購入できます。本格的な個人輸入支援サイトです。
新鮮グッズをお届けいたします。
ソリューション画像
Skype Me™!
 アコードのVoIP 専門ページ
 台湾茶の個人輸入支援サイト
 iPhone4 ホワイト化計画
 ハイパワーWiFi専門ページ
 湯けむり泉遊会
 監視システムの全IP化
 最新デジタルサイネージ
 目指せ亜細亜の金満家
 南国台湾楽園生活
 悠遊村
 AT COM
 ARGtek
 名機AT-323の記事
 Gsky BackTrack 使い方記事
 Fusion IP-Phone SMART
 アジルネットワークス
 12VOIPのページ
 EFI-XのArt Studios のページ
 EFI-Xの日本語公式ページ
 IP PBX UsersのFB Page
ホームCPO日記
CPO日記
CPO日記:65
2009年07月17日
アスタリスクに代表されるIP PBXが実用範囲に入ってきました。オーストラリアのオープン IP PBX プロジェクトなどにより、アプライアンスレベルの、つまり、一般PC を使わない専用機が市場に投入されて、価格がかなりこなれてきました。

SZ Express の運用母体のAkkord International 社でも長期間の試験期間を経て、社内でのアスタリスク運用に踏み切りました。

その結果、こんな事が可能になりました。

1. 内線の一元化が可能になります。この意味は分かりにくいかも知れませんが、本社、海外支社、また、バーチャル支店(無人だが、電話番号だけ設置してある)との間を同一システムで連結でき、内線はどの国からでも相互に利用できることになります。

弊社の場合、東京、中国シンセン、台湾台北、米国ワシントン州にローカルの固定電話番号を用意し、それらが同じ1台のMINI-100 IP PBX へ接続されています。内線番号は中国と台北のスタッフのIP電話機やソフトフォーン、そして、携帯転送用へと割り振られています。

2. IP電話を持っていれば、地球上どこへでも(インターネットがある限り)内線がつながりますので、自宅や出張先のホテルへ内線通話ができます。IP電話機はハードのみならず、ノートパソコンや携帯(スマートフォン)にインストールできるソフトフォーン(X-LiteやZoiper)も同じ役割を果たします。

お客様へはいちいち出張先の連絡先などを通知する必要がなくなるので、ビジネスチャンスを逃がしません。

内線電話から外部につまり、IP-PBXの外線に掛けた電話 (外線発信) には、通常と同じCaller ID (発信者番号)が表示できます。つまり休暇先のバリ島のホテルから、千代田区のお客様に電話しても、受信者であるお客様の電話機または携帯には、弊社の東京の発信者番号が表示されます。(*1)

3. 弊社の社員が社外にいるときには、外線から受けた通話を、任意の携帯に転送するのが簡単になりました。その転送費用もITSP (*2) を利用できるので、一般の地域電話会社のものよりも格安。携帯で受け取った通話を他の社員へ、さらに転送するのも可能です。例えば#を押して、転送モードにし、転送先の内線をダイヤルします。

4. 弊社のお客様など掛ける側にとっても、国内電話料金で、結果的に海外にいる弊社の担当者へ電話が通じることになり、とても経済的になります。お客様は国際電話の利用が不要になります。

5. IVR(*3)とボイスメールが利用できます。日本では航空会社の予約システムや外資系の会社以外ではあまりなじみがありませんが、海外ではIVRによる自動応答の会社は増えています。IVRは24時間365日働いてくれますので、サービス産業の場合などには、効果が期待できます。ボイスメールは、IP電話機自体で聞く事もできますが、指定のメールアドレスへ音声ファイルで配信されますので、社外にいる時でもPCや携帯のメールで内容を聞くことができます。その場合、Quick Timeなどのプレイヤーソフトが必要です。

6. 最近は電話の内線の配線よりもLANの配線のほうが普及しているオフィスも少なくないと思います。

IP電話システムによる内線用の電話機の増設は、LAN の配線があれば自分たちで簡単にできます。従来のPBX+内線の配線は専用の工事会社へ依頼せざるを得ず、バカ高い工賃を取られたものですが、それらがLANの工事費だけですみます。

PBXの内部設定も従来は電話工事会社の稼ぎ頭だったのですが、IP PBX にすると、管理者がパソコンのブラウザーで、分かりやすいGUIの上で内線の増設、リンググループの設定、オペレータの設定、IVR の内容変更などを即座にすることができます。

7. とにかく、社内全体の通話費用が削減できます。理由は、海外支店間の通話が無料になること、各国の取引先や仕入れ先に対して、一番安い回線か、現地の地域固定回線で、かけることができる、などによります。


以上のようなことが、3万円程度の投資(IPPBXとゲートウエー)で可能になってしまうのです。

(*1) Caller ID (発信者通知) は、ITSPにより通知できる場合とできない場合があります。日本のアジルフォンの場合は、03か06の番号を取得でき、その番号が発信者通知として相手に表示できるようにすることもできます。

(*2) ITSP
Internet Telephony Service Provider. インターネット上で利用できる電話通話サービスを提供する会社。一般的に従来の電話会社、例えばKDDIなどより、格段に安い料金でサービスを提供する。

(*3) IVR
Interactive Voice Response。音声自動応答装置。Asterisk の場合はデジタルの音声ファイル(GSMフォーマットなど)を利用して、受付の応答、ボイスメールのプロンプト(ガイド)などに利用している。
2009年06月04日
今や世界で第2のIT関連の展示会とコンファレンスに位置するComputex Taipeiが開催されています。

今年はCULV Notebook、Wimax、ATOMベースNetbook 関連の新製品がキーワードでしょう。

地味ではありますが、地道にのびているのが、Digital Signage、平面パネル用の大型、小型のタッチパネルといったところでしょうか。

この時期はIT業界のみならず、台北の観光業界、サービス業界、タクシーなども海外からの訪問者のためビジネスが潤います。

各会場の入り口には、手を消毒するためのアルコールスプレーが用意されていますが使っている人は極僅かです。
2009年04月15日
この時期は展示会がこの華南地区でいろいろ開催されています。私も香港を中心に動き回っています。

HK Electronics Fair、同時開催のInternational ICT Expo、Honkong International Lighting Fairが香港の灣仔の香港会議展覧中心で、シンセンでは、Hightech Fair (高技会)が、香港のもうひとつの大きな展示会場のAsia World Expoでは、China Sourcing Fairが、広州市では、Canton Fair (昔は広州交易会と呼ばれていました)と言った具合です。いずれも中国本土、香港、台湾の製品をソーシングするには重要な展示会です。今年は台湾の春の電子展が取りやめになったので、台湾の業者の多くもこちらで展示しています。

Asia World Expo会場はHK airportに隣接していますから、香港市内からアクセスするには、Airport Expressという高速鉄道が便利です。

なんと、この車両の一部はWiFiでインターネットが利用できるようになっています。 PCCWというプロバイダーのサービスですが、プリペイドカードまたはクレジットカードでログインします。クレジットカードの場合は登録自体もいきなりできます。
2009年04月02日
デジタルサイネージという言葉が一般化してきました。デジタル広告のことで、一般的にはLCDやプラズマのフラットパネルが用いられた広告看板のことを指します。昔はLEDの電光掲示板やテレビモニターが使われていたのが、最近のフラットパネルの普及と低価格化で、普及に弾みがついたものです。

欧米はポスターの張り替え、印刷などへ高い人件費を払うよりも、設備の初期投資が高くともROI (リターンオブインベストメント)が短期で実現するとあって、特に欧米の空港や地下鉄駅などの公共の場所で広く使われ始めています。昨年完成したロンドンヒースロー空港の新ターミナルでは、100% がデジタルシナージになり、従来の紙ポスター、ライトボックス(内照式看板)が一掃されました。

ネットワーク対応のシステムはコンテンツの入れ変え、配信、リアルタイム性に優れており、緊急放送にも素早く対応できます。ショッピングセンターでの時間帯や天候、顧客層の変化に対する最適なコンテンツの対応など、きめ細かいコンテンツ配信も可能です。

技術的ポイントは、メンテコストがかからず、安定したメディアプレイヤーのハードと、ネットを使ったイージーなオペレーションが可能なコンテンツマネージメントシステムです。このあたりは、PC (X86など)とは違った設計ポリシーが要求されますが、逆に標準化がまったく進んでいません。著作権や隣接著作権などの法定枠組みの中でも位置づけも明確に確定していません。

デジタルコンテンツとしては、MPEG2, PMEG4やフラッシュが画像として利用されていますが、リアルタイムのコンテンツとして、RSSやHTML技術も利用されています。ストリーミングなどでのリアルタイム配信も取り込まれる場合もあります。

いずれにしても、台湾中国韓国などのアジア勢が供給元となって頑張っています。
2009年03月27日
台北市の北部、北投区の行義路は温泉ストリート。SZ Expressの運営会社のAkkord International の台北支社はそこにありますが、徒歩10分以内に温泉付きカフェレストランが多数あり、我々はランチミーティングなどで良く利用しています。

いろいろな温泉と、工夫を凝らしたメニューで、顧客の取り込みを計らなければならないのは、何処も同じです。今日紹介するのは、椰林(Palm Trees Hot Spring Restaurant) で、ここの特長は、午後1時から5時までが、アフタヌーンティータイムで、210台湾元 (約611円)で温泉入浴券、飲み物、ケーキがセットになっているもの。なかなかお得です。

さらに特筆すべきことに、無線LANが使い放題なのです。実は今も一風呂浴びた後、企画書をここのオープンカフェで書いているのです。なかなか、良い空気と落ち着いた雰囲気で仕事が捗ります。

会社の電話もIP電話化したので、こちらでパソコンで受けられます。

この記事も合間をみて、書いているのです。
2009年03月20日
大中華圏で話題の山寨機(サンツァイチ)を見学してきました。本来ノーブランドであるはずなのですが、中国現地で売られているのは林檎のマークとかが、バッチリついています。

このiPhoneのようなスマートフォーンは、GUIやマルチタッチなどは本物そっくり。デジカメの性能などは本物を上回るほど。本物にはないスタイラスペンも付属しています。

山寨機は、Nokia, Motorola など著名な携帯の最新型が1−2ヶ月遅れで登場しますが。バリエーションもいろいろと凝っています。

例えば、本来iPhoneでは電池交換ができないのが、できるようになっているモデルがあったり、デュアルSIM対応機があったりといった具合です。

これらはソフトはデッドコピーでなく、別物のチップで別なOS (WIndiows MobileやLinux) でルックアンドフィールだけ真似ているようで、それなりに開発には苦労しているようです。チップは台湾のMediatekなど汎用の携帯用チップがよく使われているようです。

価格も本物の1/2から1/5で買えてしまいます。

写真は本物(左)と山寨機(右)を並べてみたものです。
2009年03月11日
日本ではIT関連の用語は英語をカタカナに直した外来語が多く使われていますが、大中華圏でも外来語を使うケースも多いです。電脳、上網(On Line)などのように、中文に直された用語も多いのですが、英語のまま使われている用語もあります。

固有名詞の場合と、英語のままの方が短くて発音し易い場合に、そのケースが多いようです。ただ中華圏特有の英語の訛があるので、ちょっと慣れないと分かりにくいです。

例えばXP。これは、中文に変換しようがないのでしょう。書くとXPとなりますが、発音だけは、チャーピー、となります。

HD。これは、ハードディスクのことですが、発音はハーディー、となります。

極めつけは、LCDとLED。 Lの発音がエロに近くなるので、LCDはエロシーデー。LEDはエロイーデー、となり、ちょっとビックリします。
2009年03月05日
欧米のオフィスで良く見かけるのが、各人のデスクの上にあるフォトフレーム。家族や彼女(彼氏)の写真を飾っておくのは至極、普通のことのようです。

最近のデジタルテクノロジーとLCDの低価格化のために、フォトフレームもデジタル化され、写真だけでなく、スライドショーや動画までも再生できるようになり、ちょっとした映画などは、このフォトフレームで見れるようになりました。

もっと進化したのは、インターネット接続ができ、PicasaやFlickerなどのフォトアルバムサイトを閲覧できるというものです。

最近では、電話やスカイプができるのも開発しているということで、春の香港エレクトロニクスショーあたりには、お目にかかれるのでしょう。
2009年02月15日
旧正月から3週間ほど経つと台北は桜の季節となります。平地はあまり見かけませんが、陽明山や北投の山間部には良く見かけます。SZ Expressの運営会社のAkkord International の台湾支店も山の中腹にありますが、庭には3本の桜の木があります。

3本はなぜか、開花時期、満開時期がみな異なります。すでに2本は満開で、残りの1本はこれから満開になります。

台湾の桜は一般的に日本のようにソメイヨシノではなく、緋寒桜と呼ばれる種類で、濃い紅色です。
2009年01月19日
台湾では1月18日という旧正月休み突入まで1週間となったタイミングで政府は消費券を給付開始しました。これは日本の定額給付金と同じ考えですが、日本より一足早く実行したものです。

国民党のバラマキ、公的賄賂などと、陰口をたたかれながらも、一般の人々は赤ちゃんから年寄りまで一人当たりNT3,600(日本円で9,700円相当)の買い物券を喜んで手にするわけです。

これに当て込んだデパート、レストラン、旅行社などのサービス業は消費券で商品を購入すると特別割り引き可能だとか、NT3,600でNT7,200相当の買い物ができる、など、様々な特典で客の呼び込みを計っております。

台湾にいる外国人はどうか、というと、居留権があって、台湾国籍の配偶者がいる場合には該当しますが、そうでない場合、つまり配偶者も外国籍の場合や、独身者の場合は該当しません。

残念ながら、私の場合も該当しません。同じ税金をはらっているのに非常に不公平だと感じます。

ちなみにSZ Express も消費券は扱っておりません。
2008年12月12日
待望のiPhoneは、12/13つまり、明日から中華電信から販売が開始されます。価格体系が様々なプランがあります。本体価格、データ通信と通話の月額の組み合わせの他、iPhone 8G, 16Gの組み合わせもあります。例えば、通話料とデータ通信が少ない人向けのiPhone 8Gだと、月額が503元で、本体が18,900元。データが無制限使い放題で、通話料金も月額1,789元のコースだと、トータルの月額は2,549元で、iPhone8Gの本体価格は0元となります。いずれも2年が最低契約期間です。

しかし、保証金などが前者の場合は、4,000元取られるし、後者の場合はなんと24,000元も取られます。これは契約時に必要です。

トータルな金額の分割、即ちクレジットカードで24回払いも可能ですが、海外のカードには対応していないので、外国人にはちょっと辛いものがあります。

懸案のSIMLOCKですが、これだけは、中華圏のキャリアだけあって、最初からSIMLOCKはされていません。
2008年11月18日
日本を含む各国でApple iPhoneが発売されて久しいのですが、台湾と中国は取り残されていました。中文入力などの問題に手こずっていたのでしょうか?

ここに来て、台湾の通信キャリアの最大手、中華電信がAppleとiPhoneの販売の契約を完了して、この年末に販売を開始するという、かなり確度の高い噂が聞こえだしました。

台湾や中国のキャリアが販売するときはぜひSIM LOCKを外してほしいです。この二つの地域をかけずり回るビジネスマンがすごく多いので、SIMLOCKなどしたら、絶対にヒンシュクモノでしょう。

この地域ではSIMLOCKは時代錯誤です。香港のiPhoneも最初からSIMLOCKは外れています。

Vivo(威寳) というキャリアなどはダブルSIM Cardを最初から推しだしています。かなり積極的で、このお陰で携帯サービスのシェアがグンと伸びました。
2008年10月30日
今日マレーシアにいる、EfiXの開発責任者と話しました。EFiXの将来のロードマップとしては、ファームのアップデートなどで現状の改良はされるが、残念ながらノートパソコン用のEFiXは期待できないようです。

これは技術的な問題でなく、政策的なものです。なぜなら、EFiXはアップル社との共存を目指す商品であり、アップルが現在見限っているデスクトップ分野に注力するとのことです。ノートパソコン用を作れば売れる事は間違いないですが、それはアップル社のビジネスと真っ向からぶつかることです。

もしノート用製品を出すとすると、超小型のノートなど、アップル社がやりそうもない機種に限定していく可能性も示唆していました。

このデバイスを市場に出し、それをユーザがインストールするというビジネスモデルはまったく法的な問題もなく、エンドユーザライセンスに限っていても、アップルのサポートが受けられなくなるだけの問題であるとしています。

したがって、EFiXのもっとも避けるモデルは、これを内蔵したPCをマッククローンとして販売することで、これは絶対に彼等もしないし、またディストリビューターや販売店もこれを内蔵したモデルを販売することは絶対に避けるべきだとしています。私もこの考えには全く賛同します。

法的にどうこう言うよりも、アップル社との棲み分けができるかどうかが争点になります。もし共存できない相手なら、アップルは資金力に物を言わせて、たとえ法的論争では無理であっても、他の方法で相手をつぶすでしょう。私の過去のアップル社との係争でも、それは明らかだと言えます。そのうち、この昔話を日記かブログで書きましょう。
2008年10月26日
10月は昔から秋の展示会のシーズン。私が最初に台湾に行こうと思ったきっかけは、台湾の電子業界が伸びる予感がしたからです。そして、台湾のエレクトロニクスショーにひとりで訪問しました。1978年頃だったと思いますが、そのころは台湾のエレクトロニクス業界はまだ始まったばかり。学校の体育館のような会場 (台湾プラスチック本社の裏の臨時会場だったと記憶します)に百社にも満たないブースだけだったと思います。その時に会った友人はいまでもつき合っています。

その頃は香港がオーディオ製品などのコンシューマー商品の輸出基地となっており、台湾がそれに追従していた形です。中国は文化大革命のさなかで、それどころでなく、天津甘栗などが、主な輸出アイテムでした。

現在は、世界の工場としての役割は中国がメインですが、それをうまく利用しているのは、FOXCONなどの台湾企業で相変わらす元気です。

話しが逸れてしまいましたが、その台湾エレクトロニクスショーが、現在は、Taitronicsと呼ばれています。毎年同時期に、香港のHonkong Electronicsと、Asian Sources が前身である、Global Sources の主催する、China Sourcing Fairが香港で開催されています。中国でも、長い歴史のある、広州フェアー (Canton Fairとか広州交易会とも呼ばれています) がやはり、ほぼ同時期に開かれるなど、大変忙しい時期となっています。

私は今回、これら殆どを周り、新製品を探したり、旧友会ったりと忙しかったのですが、体がもたなかったので、広州フェアーだけはパスしました。

これらの展示会で見つけた商品なども積極的にこのSZ Express で紹介していきます。なかなか面白い製品がありますよ。



2008年09月25日
MACのハード上でWindows を動かす方法は、AppleがBoot Campを正規採用したり、サードパーティー性のバーチャンルマシンなど、いくつかありましたが、今回のEFiX は、全く逆。いわゆるWindows PC、X86 インテルベース (AMDはサポート外) のハード上で、OSX Leopardをパッチなしでリテール版のDVDからインストールできるものです。

開発はドイツと台湾のチーム。以前、私が20年前に、台湾で、Mac Clone (JonathanというMac Plusコンパチを、Akkord Technology社から販売) のプロジェクトに関わったときのことを思い出します。そのときも米国、台湾、ドイツ、ブラジルのメンバーでチームを構成しました。ドイツ人って、こういうのがすきなんですね。Apple II コンパチの時もBasisのMedFlyという製品がドイツにありました。
2008年09月21日
先週の始めに台湾を騒がせ、その後日本に向かった台風13号は、異例の遅さで、大雨を降らせました。土砂崩れ浸水の被害が各地に発生しました。台湾の上空で2回転もするという、変な動きでしたね。

また次の台風 (14号、HAGUPIT、中文では、哈格比) がすでに台湾南部、そして、広東省へと向かう予想です。中秋節の後の台風は一般的に強度が強い台風が多く、地元の人は警戒します。今回は被害がないといいのですが。
2008年08月15日
日本はお盆休み。だけど北京とかシンセンとか、台北には休みはありません。

オリンピックもたけなわ。現地のチームと日本チームが対戦しているとちょっと緊張しますね。所詮、ゲームなんだから、国と国の戦いではありません。

今日は、終戦記念日でもあります。オリンピックのお陰で靖国参拝の問題は中国でも陰が薄いようですね。
2008年07月28日
FUNG-WONG 鳳凰 が襲来。28日の未明から午前に上陸予定です。28日は金門島等一部の離島をのぞいて、前面的に会社、官公庁、銀行、学校が休業になります。出荷など1−2日の遅延が有るかもしれません。
2008年07月20日
台北市は台風の直撃は免れて、昨日から天気は回復。今日は快晴です。しかし、南部では洪水などの大被害。至る所が、ベニスの街のようになってしまいました。

フルーツや野菜の値上がりや品不足に現在台湾は直面しています。
2008年07月13日
香港に拠点を置くドラゴン航空がインドのシリコンバレーであるバンガロールと香港間に直行便を飛ばす事になったそうです。7月2日が初就航です。バンガロールは今年5月に新空港をオープン。従来のエアポートは小さすぎて便を増やすのに問題があったのです。

これで我々もいままでのようにバンコック、シンガポール、クララルンプール経由のようにトランジットの待ち時間を無駄にすることなく、スムーズにバンガロールへいくことができるようになりました。これは画期的な出来事です。毎日運行するようです。

写真は、Vayavya LabsのSanjeevさんが提供してくれました。